# ノジョンウィ
# 韓国
# 韓国女優
# プロフィール
# 子役出身
# 子役
# 神のクイズ
# その年、私たちは
# 18アゲイン
# 私が死んだ日
# 韓国ドラマ

2022最新・女優ノジョンウィのプロフィール!出演ドラマ、性格、インスタなど大公開

アップデート : 2022-01-07

「その年、私たちは」で話題沸騰中のノジョンウィは2001年生まれの若手女優!しかし、2010年に子役デビューをしているので芸歴は長いのです。演技派女優として、現在も活躍を続けているノジョンウィ。今回は、そんな注目のノジョンウィのプロフィールを大公開!どんな経歴の持ち主なのか、ご覧ください。

ノジョンウィのプロフィールを大紹介!

名前:ノジョンウィ(Roh Jeong Eui)

ハングル表記:노정의

生年月日:2001年7月31日

身長:165cm

体重:39~40kg

血液型:O型

星座: 獅子座

出身地:京畿道 城南市 盆唐区 雲中洞

事務所:ナムアクターズ

学歴:漢陽大学演劇映画科在学中

家族構成:父・母・姉

ノジョンウィのデビューのきっかけは?

2010年にOCNドラマ『神のクイズ』で子役デビューをしたノジョンウィ。

 

当時9歳だった彼女は、ホンジュヒョンの子供時代を演じました。


ドラマ『馬医』では、活発な男の子のような姿も見せていました。

 

デビューのきっかけはわかりませんでしたが、子役出身で現在は女優として活躍中。

 

キムユジョンキムソヒョンのような子役スターだったノジョンウィ。

 

スクリーンデビューは、2011年映画『I Am a Dad(俺はパパだ)』。

 

ノジョンウィは人気女優の子供時代を演じ、子役をきっかけにして確実に実力をつけてきた女優です。

 

関連情報:

【2022最新】子役出身で成功している韓国俳優・女優!まとめてご紹介

ノジョンウィの性格について

2021年SBSドラマ『その年、私たちは』出演により、トップアイドル役のため髪を金髪にしたノジョンウィ。

 

9歳から子役としてドラマや映画に出演しているノジョンウィは、子役時代のことを“しあわせの時間”と呼んでいました。

 

ノジョンウィはこれからも「色々な作品に出演したい!」と話すほど、女優業が大好きなのです。

 

シリアスな役も天真爛漫な役もこなす役者ノジョンウィ。

 

今まで偉大な先輩たちと演技をしてきたノジョンウィが、一番印象的だった俳優としてキムナムギルを挙げています。

 

ドラマ『以心伝心』で共演したとき、自分の出番がないときでも彼女のことを気遣ってくれたとか。


子役時代から俳優たちの背中をみて過ごしてきたノジョンウィ。

 

彼女は、女優魂を持った演技力のある、優しくて明るい性格の女優です。

ノジョンウィの過去の出演作品を紹介

【出演ドラマ】※子役以外

『医心伝心~脈あり!恋あり?~』(2017/tvN)

『Kill it』(2019/OCN)

『The Great Show』(2019/tvN)

18アゲイン』(2020/JTBC)

その年、私たちは』(2021/SBS)

 

【出演映画】※子役以外

『少女の世界』(2018)

『I Want To See Your Parents’ Face』(2019)

『ヒッチハイク』(2019)

『私が死んだ日』(2020)

 

韓国の子役スターは、女優や俳優へスイッチするのは難しいと言われています。

 

子役で現在も第一線で活躍しているノジョンウィは、その成功した例と言えるでしょう。

 

若干20歳で主演を任される女優ノジョンウィ。

 

やはり、子役の頃からコツコツと努力を重ねてきた演技力に他ならないと思います。

ノジョンウィの熱愛説・理想のタイプについて

ノジョンウィの熱愛説や理想のタイプを調査しましたが、詳しいことはわかりませんでした。

 

彼女が好きな番組は、『新西遊記』や『ランニングマン』だそうです。

 

『新西遊記』のアンジェヒョンが好きだと話していたノジョンウィ。

 

理由はイケメンだからとのこと。

 

アンジェヒョンと言えばクヘソンとの離婚訴訟など、少しお騒がせした俳優です。

 

現在放送されている『その年、私たちは』のノジョンウィが演じるトップアイドルのエンジェイのように、プライドも捨てて好きな男性のことを思っていく女性になるのでしょうか?

 

これからどんな人と熱愛説が出てくるのか、ノジョンウィの恋に注目していきたいと思います。

 

関連情報:

ソンガンからキムソノまで!人気韓国俳優の気になる理想のタイプを総まとめ♡

ノジョンウィは新ドラマ『その年、私たちは』でチェウシクと共演

2021年12月6日から韓国で放送されている、SBSドラマ『その年、私たちは』。

 

ノジョンウィと共演しているのは、俳優のチェウシクキムダミ、またキムソンチョルという、今まさに躍進している若手俳優ばかりです。


『その年、私たちは』は、高校のときに撮影した恋人のドキュメンタリー動画が人気を集めることに。

 

それは過去のお話で実際に男女は別れているのですが、再び6年ぶりにカメラの前に立たされてしまうのでした。

 

そんな経験をするのは、チェウン役のチェウシクとククヨンス役のキムダミ。

 

その2人に絡む役として、ノジョンウィがキャスティングされました。


彼女はトップアイドル・エンジェイで、頂点まで達したので後は落ちて行くだけの人生と考えています。

 

そのため、次の人生の準備を始めることに。

 

エンジェイを癒してくれたチェウン(チェウシク)のイラストに興味を持ち、次第に彼に惹かれていくのでした。

 

関連情報:

花郎・パラサイトで人気!チェウシク出演のドラマ・映画特集

ノジョンウィの子役時代のフィルモグラフィー!

【出演ドラマ】※子役

『神のクイズ』(2010/OCN)

『僕らのイケメン青果店』(2011/チャンネルA)

『ドリームハイ2』(2012/KBS)

『プロポーズ大作戦』(2012/TV朝鮮)

『フルハウスTAKE2』(2012/ SBS Plus)

『馬医』(2012/MBC)

『がんばれ、ミスター・キム!』(2012/KBS)

『約束のない恋』(2013/JTBC)

『エンジェルアイズ』(2014/SBS)

『雷に打たれた文具店』(2014/トゥーニバース)

ピノキオ』(2014/SBS)

『魔女の法廷』(2017/KBS)


【出演映画】

『I Am a Dad(俺はパパだ)』(2011)

『Gochibang: Our Ideal』(2011)

『リバイバル 妻は二度殺される』(2015)

『探偵ホン・ギルドン 消えた村』(2016)

 

ノジョンウィのドラマデビューは、2010年のOCN人気ドラマ『神のクイズ』。

 

スクリーンデビューは、2011年『I Am a Dad(俺はパパだ)』。

 

ノジョンウィがデビューすると、フランス女優のソフィーマルソーの子供のときに似ていると話題になりました。

 

ノジョンウィは、2012年『フルハウスTAKE2』でファンジョンウムの子役として注目を浴び、同じく2012年の『馬医』ではイヨウォンの子供時代を演じました。

 

『エンジェルアイズ』(2012/MBC)ではクヘソン、そして『ピノキオ』でパクシネの子供時代を演じて、子役スターとして成長しました。


特に『ピノキオ』では、シンクロ率100%・パクシネにそっくりと言われたのです。

 

キュートで可愛い役からお転婆娘、真摯に生きる少女など、どの役も全て彼女にぴったりでした。

 

関連情報:

パクシネ出演のおすすめドラマ特集!ヒット作には欠かせない存在!?

ドッペルゲンガー?そっくりな韓国芸能人まとめ♡

ノジョンウィのインスタ情報!

ノジョンウィは自身のインスタ公式アカウントを開設しています。

 

彼女のインスタの特徴は、ドラマのワンシーンやプライベートを切り取って発信してくれていること。

 

まるで雑誌のグラビアのようなポーズもあれば、お茶目で可愛い写真もあります。

 

ただ立っているだけで、そこはもうドラマの世界に。

 

ノジョンウィのインスタグラムで、彼女の世界を垣間見てみませんか?

公式Instagramはこちら!

ノジョンウィのプロフィールまとめ

ここでは子役出身の女優・ノジョンウィの最新プロフィールをご紹介しました。

 

今もなお、トップを走り続けているノジョンウィ。

 

彼女の10年後、どんな女優になっているのでしょうか?

 

ますます活動の幅が広がるノジョンウィ、これからの活躍が楽しみです。

関連記事