# N.flying
# プロフィール
# 再発見
# 魅力
# メンバー
# 個人活動
# グループ
# 韓国アイドル
# 紹介
# カバー曲
# バンド
# KPOP
# 日本曲

2022最新|N.flyingの魅力を再発見!日本曲のカバーもスゴい!

アップデート : 2021-01-28

名曲『LoofTop』で一躍人気バンドとなったN.flying。しかしデビューから順調な道のりを歩んできたわけではありませんでした。が、ここにきて日本語曲カバーのYoutubeやメンバーの個人活動などあらたな才能を発揮!今日はそんなN.flyingの魅力を再発見しちゃおうと思います!

新メンバーも加入!N.flyingの魅力再発見!

今日改めて特集してみたい韓国アイドルはこちら。

 

韓国ではあまり多くないボーイズバンドN.flyingです!


N.flyingといったら一昨年発表した『RoofTop』の大ヒットが記憶に新しいと思いますが、実は活動歴は今年でもう6年目になるんですよね。

 

同じ事務所FNCの先輩にFTISLAND、CNBLUEという2大バンドがいる中、N.flyingはさぞかしプレッシャーを感じていたことと思います。

 

ヒット曲がなかなか出なかった4年という月日の間に、メンバーの脱退問題や新メンバーの加入などを経て、N.flyingは今ようやく、新生したといっても過言ではありません!

 

まずはみなさんもうご存知かもしれませんが『Roof Top』の頃は4人で活動していたN.flyingに去年正式に新メンバーが加入したんです♡

 

とゆうわけで、まずは今後期待の新メンバーからご紹介していきたいと思います♪

こちらが2020年1月1日づけでN.flyingに正式に加入した新メンバー、ソドンソンです。

 

ソドンソンは2017年に『HONEYST』というバンドで一度デビューしているのですが『HONEYST』は2019年に突然のグループ解体。

 

その後N.flyingのサポートメンバーを経て去年、正式にメンバーとして迎え入れられたというわけです。


■最後に簡単にソドンソンのプロフィールをご紹介。

 

名前:ソドンソン

生年月日:1996年4月9日生まれ

身長:175cm

血液型:AB型

ポジション:ベース

 

ファンの反応としてはソドンソンの正式加入を喜ぶ声が大きいようで。

 

中にはソドンソン加入で「N.flyingの顔面偏差値がもっと上がった」というものもww

まずは簡単にN.flyingをご紹介♡

ここではまだN.flyingについてあまり詳しくないという方のために。

 

旧メンバーのプロフィールや性格も簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

(写真一番左・新メンバーのソドンソンは前述したのでここでは省略します)

 

■リーダー/ボーカル(写真:中央)

 

名前:イスンヒョプ

生年月日:1992年10月31日生まれ

身長:181cm

 

みんなのお父さん的存在。Rapもできる万能リーダー。

 

■ギター(写真:一番右)

 

名前:チャフン

生年月日:1994年7月12日生まれ

身長:180cm

 

AOAやFTISLANDのMVにも出演するイケメンギタリスト。

 

■ドラム(写真:左から2番目)

 

名前:キムジェヒョン

生年月日:1994年7月15日生まれ

身長:180cm

 

姉はガールズグループRAINBOWのジェギョン。

 

■ボーカル(写真:右から2番目)

 

名前:ユフェスン

生年月日:1995年2月28日生まれ

身長:175cm

 

2017年6月に加入。

 

現在この5人のメンバーでN.flyingとして活躍しています♡

なかなか売れない……メンバー脱退苦悩の時期を乗り越えて

2013年に日本でインディーズ活動をしていたN.flying。

 

2015年『ギガマッキョ』で華々しく韓国デビューを飾ったものの、そこから人気が出るまでなかなか順調とは言えませんでした。

 

曲を変えコンセプトを変え登場しますが、熾烈なK-POP界において頭角をあらわせないまま、4年という日々が過ぎようとしていました。

 

そんな矢先に持ち上がったのが、バンド結成当初からのメンバー、クォングァンジンの脱退騒動でした。

N.flyingでベースを担当していたメンバー、クォングァンジンが脱退することになったのは2018年の事でした。

 

インターネット上に書き込まれたのは

 

「ファンミの際、クォングァンジンによるファンへのセクハラがあった」

「デビュー後からファンを誘惑して恋愛していた」

「マスターさん(アイドルの写真を撮影しホームページにアップする人、推しのTOPofファン)を誘惑した」

 

等々のショッキングな内容でした。

 

メンバーとして不適切だと判断したFNCはクォングァンジンと議論の上、任意脱退することで決着。

 

ファンにとってもメンバーにとっても、最も苦い結末となってしまった出来事でした。

デビュー4年目『LoofTop』で起死回生!

そんなN.flyingについにスポットライトが当たる日がやってきました。

 

デビューから4年目。

2019年に発表した『LoofTop』がチャートを逆走する勢いで大ヒット!

 

N.flyingは音楽チャートで初の1位を獲得します。

 

「デビューから3年で1位を取らないグループはダメだ」といわれるK-POP界のジンクスを打ち破る快挙。

 

『LoofTop』は年代を超えて愛され、そして時代を越えて愛されること間違いなしの名曲です。

 

聞いたことない?そんな方はぜひこちらをどうぞ♡↓↓

日本語曲をカバーしたYoutubeがアツい!

今回N.flyingに改めて注目した一番の理由が実はこれなんです。

 

YouTubeで見つけたN.flyingの人気日本語曲のカバーがもうめちゃくちゃカッコいい。

 

これはまだN.flyingの事を知らない方や、知っていてもまだファンというほどではないという方にぜひとも見て頂きたい動画です♡

 

メンバーで演奏するKing Gunの『白日』。

 

スンヒョプとフェスンのダブルボーカルが生きるYOASOBIの『夜に駆ける』。

 

またユフェスンはソロで米津玄師の『Lemon』やあいみょんの『愛を伝えたいんだとか』をカバーしています。

 

どれも最近の人気曲ばかりなので抵抗なく聞いて頂けると思います。

 

そしてN.flyingの実力、新たな魅力を目の当たりにすること間違いなしです!

メンバーの個人活動にも注目!

N.flyingのメンバーは最近個人活動も目立ってきていますよ。

 

甘いマスクで実は超イケメンのドラマー、キムジェヒョンはなんと。

 

昨年11月、竹内涼真主演の日本ドラマ『君と世界が終わる日に』に役者として初参加しました。

 

『君と世界が終わる日に』変わり果てた世界で主人公が必死で恋人を探すというサバイバルラブスリラー。

 

キムジェヒョンは変わり果てた世界に生き残った韓国人青年ユンミンジュン役として出演。

 

慣れない日本の撮影現場で最初はすごく緊張したそうですが、キムジェヒョンは持ち前の人懐っこさで、現場では主演の竹内さんはじめ年上の出演者みんなをヒョン(お兄さん)と呼ぶくらいすぐにみんなと打ち解けたとか。

 

これからもぜひ日本のドラマでたくさん活躍して欲しいですね!

またボーカルのユフェスンは持ち前の歌声を生かして、ソロで人気音楽番組『覆面歌王』や『不朽の名曲』に出演する傍ら、ミュージカルにも出演し活動の場を広げています。

 

ユフェスンがミュージカル『We Will Rock You』に合流したのは、『不朽の名曲』で披露したQUEENの『We Are The Champions』が素晴らしく優勝を勝ち取った経緯があったからだと言われています。

 

ユフェスン自身、ミュージカルという新しい分野へのチャレンジにはとても魅力を感じているそう。

 

今はコロナ禍でミュージカル・演劇等の舞台も多大な影響を受けています。

 

落ち着いたあかつきにはのびのびと才能を発揮してほしいところですね^^

今年もヒットを飛ばせるか?こうご期待♡

さて、今日は『N.flyingの新たな魅力』についてまとめてきました♡

 

私の拙い文章で少しでもN.flyingの魅力が皆様に伝わればよいのですが。

 

2021年、「新たにファンになった!」という方が少しでもいらっしゃれば幸いです^^

 

今後ますます活躍が期待されるN.flying。日本でも彼らの顔を見る日が増えるかもしれないですね?!

 

それでは今日はこのへんで。あんにょん~~♡♡

関連記事