# 明洞
# 明洞旅行
# 明洞観光
# 明洞ホテル
# 明洞グルメ
# 明洞お土産
# 明洞餃子
# 明洞カフェ
# 明洞ショッピング

ソウル・明洞の基本情報|お土産にグルメにホテルに全て揃う街

アップデート : 2020-02-02

韓国一のショッピング街として有名なソウル・明洞(ミョンドン)。韓国旅行と言えば必ずコースに入っている定番スポットです。なぜ、これほど明洞は人気なのでしょうか?答えはソウルで一番活気あふれる街だから。明洞はコスメにファッションのお店から百貨店や映画館そしてホテルまでそろうオールマイティな街なのです。

ソウル・明洞(ミョンドン)は観光地NO.1

明洞(ミョンドン)はソウル最大の繁華街で日本語が通じやすく観光客に人気のエリアです。

韓国旅行で訪れるたい街のNO.1が明洞ではないでしょうか。

明洞は駅からも近くファッション最先端の街。

お土産にグルメ、そしてコスパ抜群のホテルまで揃っています。

初心者からリピーターまで、ショッピングや観光を楽しめます。

今回は活気あふれる明洞の日本人韓国客が喜ぶグルメやカフェそして観光地などのおすすめを紹介します。

明洞(ミョンドン)はどんなところ?

ソウルの明洞(ミョンドン)は、乙支路入口駅と明洞駅の両駅にはさまれたエリアのことです。

ただ最近はロッテホテル・ロッテ百貨店本店がある小公洞までを明洞に含むことも多くなってきました。

面積にすると0.91平方km。

そのほとんどが商業地区で占められています。

明洞は韓国を代表する繁華街でソウルの流行発信地。

観光地としても有名で、韓国カトリックの総本山「明洞聖堂」や「旧中国大使館」の建物は名所として知られています。

大型百貨店やショッピングモールがあり、韓国グルメやカフェも多く、流行の商品を扱うお店で構成されている明洞の街。

韓国旅行の初心者におすすめしたい街です。

世界にアピールするため年に2回「世界一のショッピング観光地!」というスローガンを掲げて「明洞祝祭」というイベントを開催しています。

明洞までのアクセス方法

空港から明洞までのアクセスを紹介します。

▪仁川空港から
〇電車 国際空港第1ターミナル(空港鉄道A’REX)→乗り換え 地下鉄4号線ソウル駅→明洞駅
所要時間(70分)金額(カード4,150ウォン、現金4,250ウォン)
〇バス 高級リムジンバス6015番
所要時間(80分)金額(15,000ウォン)
〇タクシー 所要時間(70分)金額(49,200ウォン)

▪金浦空港から
〇電車 国際空港第1ターミナル(空港鉄道A’REX)→乗り換え 地下鉄4号線ソウル駅→明洞駅
所要時間(35分)金額(カード1,450ウォン、現金1,550ウォン)
〇バス 一般リムジン6021番
所要時間(50分)金額(1,300ウォン)
〇タクシー 所要時間(40分)金額(19,300ウォン)

▪最寄り駅 地下鉄4号線明洞駅、地下鉄2号線乙支路入口駅

明洞でお腹が空いたらここ!

ソウル旅行を計画したときに、まず思い浮かぶのは韓国グルメの食べ歩きではないでしょうか。

ここ明洞はあらゆる韓国グルメを食べることができる街。

今回のコンセプトは「行列のできる韓国グルメ店」。

韓国グルメと言えば、焼肉のサムギョプサルやタッカルビ、麺料理のカルグクス、石焼ビビンバなど美味しいものがいっぱい。

おいしいのに庶民価格の値段で食べられるのも魅力です。

今回はカルグクスの老舗店「明洞餃子(ミョンドンギョジャ)」と済州島(チェジュド)の黒豚焼肉のお店「黒豚家(フットンガ)」そして大きな豚の背骨肉料理のお店「ウォンダンカムジャタン」の3店を紹介します。

おすすめグルメ1. 明洞餃子

「明洞餃子(ミョンドンギョジャ)」は1966年創業の明洞で長年愛され続けてきたカルグクスの老舗店。

毎日の食事時には一般客、週末は海外からの観光客で長蛇の列ができるお店です。

看板メニューのカルグクスは長時間煮込んだ鶏ベースのスープの韓国の手打ちうどん。

スープはトロリとしていて、麺との相性は絶妙です。

エホバッ(韓国カボチャ)、鶏ミンチ、ワンタンが麺の上にのっています。

メニューには写真もついていますので、注文で迷うこともありません。

4年連続「ミシュランガイド2017~2020」にも紹介された人気店。

「明洞餃子」には日本語のメニューもあるので安心です。

▪住所:ソウル特別市 中区 明洞2街 25-2
▪電話番号:02-776-5348
▪営業時間:10:30~22:00(ラストオーダー21:30)
▪休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日
▪アクセス:地下鉄4号線明洞駅8番出口 徒歩3分、地下鉄2号線乙支路入口駅5・6番出口 徒歩8分
▪価格帯:カルグッス(韓国手打ちうどん)9,000ウォン、マンドゥ(蒸し餃子)10,000ウォン、ビビングッス(混ぜうどん)9,000ウォンなど
▪HP:www.mdkj.co.kr
※全席禁煙

おすすめグルメ2. 黒豚家(フットンガ)

韓国のブランド豚肉として有名な済州島の黒豚。

「黒豚家(フットンガ) 明洞店」はこの黒豚焼き肉を本場の食べ方で食べられる店です。

済州島に本店を持つ「黒豚家」。

もちろん済州島から直送される黒豚はとてもジューシーで、日本のテレビ局にも紹介されたことがあるお店です。

建物の地下1階にあり、漢字で「黒豚家」と書かれた入口は2ヶ所あります。

店内は500席からなる広いフロアのスタイリッシュなお店で、テーブル席、テラス席、オンドル席、個室まで完備。

乙支路入口駅から明洞のメインストリートに向かう途中にお店があります。

明洞で遊んだ帰りでも、また遊びの途中でも気軽によれますね。

ただし、人気のお店なので予約していった方がよさそうです。

▪住所:ソウル特別市 中区 乙支路2街 199-39, B1F
▪電話番号:02-3789-0080
▪営業時間:11:30~24:00(ラストオーダー23:30)
▪休業日:年中無休
▪アクセス:地下鉄2号線乙支路入口駅5・6番出口 徒歩1分
▪価格帯:フッテジ・セングイ(黒豚焼き肉)1人前20,000ウォン(注文は2人前から)、フッテジヤンニョムグイ(黒豚味付け焼き肉)17,000ウォン(注文は2人前から)、ハムンムルネンミョン(水冷麺)7,000ウォンなど
▪HP:blackpigseoul.co.kr
※全席禁煙

おすすめグルメ3. ウォンダンカムジャタン

「ウォンダンカムジャタン 明洞1号店」は、2002年にオープンした有名なカムジャタンのチェーン店。

このお店は今まで数々のメディアで紹介された有名店。

観光客はもちろん地元の人にも愛されています。

カムジャタンは、大きな豚の背骨肉とジャガイモや白菜などの野菜、すいとん、春雨などが入ってボリューム満点。

スープには豚肉の旨みとエゴマの香ばしさが染み込んでいて、とてもおいしいのです。

最初はボリューミーと思っていても、箸がどんどん進んでいくこと間違いなし。

お店の場所は地下鉄2号線乙支路入口駅近くなのでアクセスも便利です。

おひとりさまでも利用しやすい1人用のカムジャタンもあります。

▪住所:ソウル特別市 中区 明洞1街 34-1
▪電話番号:02-776-7612
▪営業時間:24時間
▪休業日:年中無休
▪アクセス:地下鉄2号線乙支路入口駅5・6番出口 徒歩5分、地下鉄4号線明洞駅6番出口 徒歩6分
▪価格帯:ウォンダンカムジャタン 大37,000ウォン・中33,000ウォン・小29,000ウォン、ウォンダンピョチム  大37,000ウォン・中33,000ウォン・小29,000ウォンなど
▪HP:なし
※全席禁煙

明洞に訪れたら行かなきゃ損なお洒落カフェスポット!

女子旅で必ず立ち寄りたいのは、お洒落なカフェ。

明洞にも女性好みのカフェがたくさん点在しています。

そのなかで今回紹介するカフェのコンセプトは「こだわりの愛カフェ」。

何にこだわっているのかというと、お店独自のコーヒーだったりデザートだったり。

一般的な可愛らしいカフェも捨てがたいですが、今回は行ってみる価値のあるカフェばかりです。

ちょっぴり自分色を出したいときにおすすめの明洞のカフェ3店舗。

明洞の女子旅を満喫しましょう♡

おすすめカフェ1. LUFT COFFEE 明洞店

「LUFT COFFEE(ルフトコーヒー) 明洞店」はこだわりのハワイアンコーヒーが楽しめるカフェです。

店内は白で統一された落ち着いた雰囲気で、緑の観葉植物がとても映えています。

もちろんSNSでも話題のお店。

コーヒーは味の違う3種類のフレーバーから選べるようになっています。

こだわりのコーヒー3種類は、「ハワイ」(酸味と甘みのバランスが絶妙)、「ソウル」(甘さが強く濃厚)、「ルフト」(爽やかで華やか)。

店内には美味しいパンや焼き菓子のベーカリーコーナーもありますよ。

▪住所:ソウル特別市 中区 忠武路2街 50-10/(道路名住所)ソウル特別市 中区 三一大路 308
▪電話番号:02-2277-0872
▪営業時間:月~金曜日7:30~20:00 土/日/祝日8:00~20:00※※旧正月・秋夕(チュソク)は短縮営業あり
▪休業日:年中無休
▪アクセス:地下鉄4号線明洞駅10番出口 徒歩3分、地下鉄3号線忠武路駅5番出口 徒歩6分
▪価格帯:アメリカーノ4,500ウォン、チョコキューブ5,200ウォン、クリームチーズキューブ3,800ウォンなど
▪HP:www.instagram.com/luft_coffee
※全席禁煙

おすすめカフェ2. デザート研究所

関連記事

人気の記事ランキング

おすすめ
日間
週間
月間