# ホンデ
# 延南洞
# ヨンナムドン
# ホンデグルメ
# ヨンナムドングルメ
# インスタ映え
# 韓国グルメ
# 韓国料理

2022最新 | 延南洞のおすすめご飯屋さん12選♡韓国グルメを味わおう!

アップデート : 2022-07-14

ホンデと言えばクラブ!延南(ヨンナム)と言えばカフェ!と思ってませんか?いえいえ、ホンデと延南は美味しいグルメの宝庫なんです。おしゃれかつ美味しい延南洞グルメ店を要チェック!次の韓国旅行のご飯は延南洞エリアで決まりです!

延南洞(ヨンナムドン)はカフェだけじゃない!

韓国のホットプレイス・延南洞(ヨンナムドン)。 

 


中でもおしゃれなカフェがたくさんあると有名なのですが、実は!延南洞の見所はカフェだけじゃないんです!


 


延南洞、そして徒歩圏内の弘大(ホンデ)にはカフェはもちろんのこと、数多く美味しいご飯屋さんが存在しています。


 


今回は弘大と延南洞でおすすめしたいグルメ店を一挙にご紹介!
今度の韓国旅行にお役立てください〜!^^


延南洞グルメ1. レゲエチキン・ソウル

店名の通りレゲエの音楽が店内に響くレゲエチキン・ソウル。 

 


ソウルには星の数ほどチキン屋さんがありますが、ちょっと他とは違う雰囲気が楽しめます。 


 


おすすめメニューはレゲエチキン。
サックサクの衣にジューシーなチキン。
味付けにはちょっぴりとハーブが効いているので、お子さんが食べる際にはご注意ください〜。 


 


チキンはもちろんですが、おつまみメニューにあるオニオンフライも大人気! 


 


「レゲエチキンは揚げ方がうまい!」と評判でチキンもオニオンも、そしてポテトもどれもハズレがないと評判です。 


 


ぜひビール片手に美味しいチキンやポテトをどうぞ!


スポット基本情報

■価格帯:8,000〜18,000ウォン 

■アクセス:地下鉄各線 弘大入口駅 3番出口より徒歩約3分


延南洞グルメ2. ヤキトリ ムク

ミシュラン受賞歴もある、延南洞のおいしい焼き鳥屋さん。

 


カウンターテーブルもあり、本格的な焼き鳥が楽しめます。


 


おすすめは「焼き鳥おまかせコース」。


 


19:00からスタートのものと、21:00からスタートのものがあり、それぞれ価格と内容も異なります。


 


しっかりと食べたい方は提供品数の多い19:00のものを、軽く食べたいという方は21:00からのものをおすすめします:)


スポット基本情報


■価格帯:3,000ウォン〜



アクセス:地下鉄2号線・空港鉄道・京義中央線 弘大入口駅 3番出口より徒歩約11


延南洞グルメ3. ウジュオク

鴨肉料理や平壌冷麺を主に取り扱っているウジュオク。


 



お酒の注文が必須の酒店でもあります。



 



代表料理はオボクチェンバンと呼ばれる平安道地方の郷土料理と冷麺。



 



お肉がぎっしりのったオボクチェンバンは、下に野菜が敷き詰められているのでヘルシーに食べられます:)


 



また冷麺は塩ベースのスープが絶品なんだそう♡


スポット基本情報


■電話番号:0507-1363-4812



■価格帯:11000ウォン〜



■アクセス:地下鉄2号線・空港鉄道・京義中央線 弘大入口駅 3番出口より徒歩約9分



■Instagram:@woojoo.ok


延南洞グルメ4. 宋(ソン)ガネカムジャタン

突然ですが、韓国語で「じゃがいも」は「カムジャ」。 

 


そう考えるとカムジャタンと言えばじゃがいもの鍋!と思いそうですが…実はカムジャタンはお肉の鍋なんです!


 


ではなぜカムジャタンというのは…由来は諸説ありよくわからないそうです(笑) 


 


さてこちらの看板メニュー、カムジャタンは具材たっぷり!
野菜やらきのこやら、お肉やらそしてじゃがいもやら…(笑)


 


小サイズでも結構な量があるので、2、3人で一緒に食べると良いでしょう。


 


日本ではなかなか味わえないカムジャタンをたっぷり味わいましょう。


スポット基本情報


■価格帯:9,000ウォン〜



■アクセス:地下鉄2号線・空港鉄道・京義中央線 弘大入口駅 3番出口より徒歩約5分


延南洞グルメ5. ヨンナムチョッパル1987

まだまだ観光客には知られていない人気店・ヨンナムチョッパル1987。 

 


特に週末は韓国の若者たちで賑わっているようです。 


 


チョッパルとは豚足のこと。 


 


しっかりと煮込んであるので臭みもなく、身はぷりぷり!コラーゲンもたっぷり!


 


韓国でチョッパルを食べたら病みつきになりますよ!


 


おすすめメニューは一般的なチョッパルと辛いチョッパルが半分半分になったパンパンチョッパル。一皿で2つの味が楽しめるのでどことなくお得感があります(笑)


 


辛いチョッバルは結構辛さがあるので、苦手な方はご注意を!


スポット基本情報


■価格帯:38,000ウォン〜 



■アクセス:地下鉄2号線・空港鉄道・京義中央線 弘大入口駅 3番出口より徒歩約3分



■Instagram:@jokbal_1987


延南洞グルメ6. タンタン

関連記事