# マドンソク
# ドラマ
# 映画
# かっこいい
# ブラザー
# 結婚
# 化粧品
# ファイティン
# プロフィール
# 英語
# ドクターストレンジ
# チキン
# 始動
# 小林
# 新感染
# 年齢
# 性格
# 彼女

最新版|マドンソクのプロフィールまとめ!実はアメリカ国籍?

アップデート : 2020-07-16

怖そうなルックスからは想像できない、お茶目ぶりが世間から愛されているマドンソク。実はアメリカ国籍の持ち主で、英語もペラペラ?またトレードマークの筋肉。体を鍛えることになったのには意外な理由が?今回はマドンソクの性格や結婚情報、過去出演作までその魅力をたっぷりご紹介します!

俳優マドンソクの基本プロフィール

名前(本名):マドンソク(イドンソク/Don Lee)

ハングル:마동석 (이동석)

生年月日:1971年3月1日

星座:魚座

血液型:O型

身長:174cm

体重:100kg

国籍:アメリカ合衆国

出身地:韓国

所属事務所:BIG PUNCHエンターテインメント

デビュー作:2004年映画「風の伝説」

 

 

韓国で生まれたマドンソク。1989年に家族でアメリカに移住し、アメリカ国籍を取得しました。

 

その後アメリカの田舎で暮らしてきたマドンソクは、2002年に映画オーデションを受け、俳優デビュー。

 

迫力のあるルックスと体格のお陰で、刑事や格闘技選手の役など強いイメージのある役をこなしてきました。

 

強いイメージのキャラだけではなく、コメディー要素の入った演技にも注目されています!

 

体型的には怖そうなイメージですが、コメディー演技をするところから可愛いと評判になり、色々な広告のキャラクターとしても大活躍です♪

 

ちなみに韓国でのニックネームはマブリーだそうです。

マドンソクの国籍はアメリカ!

生まれは韓国ですが、国籍はアメリカのマドンソク。

 

18歳の時に家族でアメリカに移住し、コロンバス州立大学で体育学を学びました。

 

大学卒業後は、アメリカにてトレーナーをしており、有名格闘家のコーチをしていたことも。

 

1994年からは、アメリカでミュージカル俳優としても活躍していた経歴があります。

 

アメリカでも活動していたマドンソクなため、もちろん英語も流暢で、海外ドラマにも出演しています。

 

有名な作品で言えば、あの有名なMARVEL STUDIOのエターナルズにも出演していたんです。

 

さらにマドンソクはアメリカ国籍所持者のため、兵役に行く必要はなく入隊経験はありません。

マドンソクの性格って?

一見見た目は怖そうなマドンソク。しかし、あだ名はマブリーと可愛らしいですよね♪

 

そんなマドンソクの性格はというと優しく、お茶目な性格です。

 

写真を見ていただければわかると思いますが、ファンサービスも良い!

 

そんなところからも優しい性格だと伺えます。

 

さらになんといってもお茶目!マドンソクのニックネームの由来は、マドンソクのマとラブリーを掛け合わせたもの。

 

それほど、ラブリーな印象が世間に広まっています。

 

インスタグラムを見ていただいても分かりますが、共演者の方ともすぐに仲良くなって、芸能界の中でも愛されています♪

 

見た目とのギャップも可愛いマドンソクです。

マドンソクの過去出演ドラマと映画をご紹介!

【出演ドラマ】

『H.I.T-女性特別捜査官-』(2007年/MBC)

『プランダン強敵たち』(2008年/SBS)

『アリバイ株式会社』(2008年/ドラマックス)

『いかさま師-』(2008年/KBS2)

『太陽を飲み込め』(2009年/SBS)

『ドクター・チャンプ』(2010年/SBS)

『私も花!』(2011年/MBC)

『近づいて花の美男子バンド!』(2012年/tvN)

『バッドガイズ』(2014年/OCN)

『センス8』(2015年/ネットフリックス)

『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』(2016年/OCN)

『TONG~メモリーズ~』(2016年/Daum TVポッド)

『番外操作』(2020年/OCN)

 

【出演映画】

『風の伝説』(2004年)

『ビースティ・ボーイズ』(2007年)

『仁寺洞(インサドン)スキャンダル』(2009年)

『国家代表!?』(2009年)

『ミッドナイトFM』(2010年)

『クイック』(2011年)

『パーフェクトゲーム』(2011年)

『ダンシングクィーン』(2012年)

『新しき世界』(2013年)

『グッバイ・シングル』(2016年)

『アンダードック 2人の男』(2017年)

『ワンダフル・ゴースト』(2018年)

『守護教師』(2018年)

『ファイテン!』(2018年)

『始動』(2019年)

 

 

マドンソクと言えば、力強い、怖い演技が多いですよね。

 

その中でも『犯罪都市』という映画の役どころが最高です。

 

マドンソクは、警察の役。悪に対しては一切手加減しない強い警察を演じ、韓国歴代3位の大ヒット作品となりました。

 

他にも演技賞や映画賞、国際映画賞を受賞。一気にマドンソクの名を広める作品となりました♪

マドンソクといえばその筋肉ムキムキな体型!マッチョになった訳は?

マッチョ俳優としても注目されているマドンソク。

 

俳優になる前はもっと体が大きかったとご自身が話していました。

 

俳優になるために反対に少し筋肉を落としたとか。

 

そんなマドンソクは、なぜそこまで筋肉を鍛えるようになったのでしょうか。

 

それはマドンソクがアメリカに移住したときのこと。

 

マドンソクが移住した当時は、人種差別が今よりもひどかった時代。

 

ましてや、韓国人が1人もいないような田舎に移住したため、

 

現地のアメリカ人から下に見られないように筋肉を鍛えはじめたんだそう。

 

この田舎暮らしも、筋トレに集中するのに最適な環境だったそう。

 

体を鍛え上げたあとは、格闘技の選手にスカウトされたこともあるそうです。

 

この体系だからこそ出来る役柄を、自然な演技で演じるのがマドンソクの魅力ですね!

マドンソク、ピンクのエプロンで化粧品のCMに登場し話題に

日本でも人気の韓国化粧品エチュードハウス

 

以前、そのCMにマドンソクが出演し、話題となりました。

 

しかも、ピンクのエプロンをつけて出演!

 

韓国ではエプロンが似合いすぎると話題になりました。

 

一生懸命化粧品の説明をしている姿が可愛らしいです。

 

マブリーのあだ名にふさわしいCMですね♪

マドンソクの恋愛事情をご紹介!

魅力たっぷりのマドンソク。

 

マドンソクには現在交際中のお相手がいます!

 

それは、17歳年下のジムトレーナー兼タレントのイェジョンファ。

 

2016年から現在まで、交際中の2人。

 

イェジョンファは韓国で知名度は高い方ではありませんでしたが、マドンソクの彼女と呼ばれ人気が上昇しました。

マドンソク結婚の予定は?

2016年から付き合っているマドンソクとイェジョンファ。

 

韓国では、2020年には結婚を迎えるのではないかと噂されています。

 

記者が、マドンソクに結婚のことを質問すると、

 

「子供を産むなら早く結婚するように」と監督からアドバイスを貰ったとの発言もしていました。

 

2019年には今年結婚予定だったが予定が合わなかったとのこと。

 

ということは2020年には....!?

 

韓国では年の差結婚があまりないので、17歳差ということに驚いている方もいますが、4年の交際期間を見て早く結婚することを望んでいるファンも多いです♪

 

ドラマや普段のマドンソクを見ていると良い旦那さんになりそうですね。

マドンソクのインスタグラムやSNS情報はこちら!

マドンソクのインスタグラムにはお茶目な写真がたくさん!

 

さらに共演者との仲の良さそうな写真にも注目です。

 

マドンソクの性格が表れています♪

 

最新の映画やドラマの情報も流れてくるので必見です!

まとめ

関連記事