# ENHYPEN
# エンハイフン
# ソンフン
# プロフィール
# 性格
# デビュー
# メンバー
# 高校
# 学校
# 好きなタイプ
# 理想のタイプ
# フィギュア

2022最新|元フィギュアスケーター?ENHYPEN・ソンフンを徹底紹介!

アップデート : 2020-10-26

今一番注目されている新人グループは間違いなくENHYPENですよね!個性豊かなメンバーが多い中で、絶対的なビジュアルで話題のパクソンフン。今回は韓国や日本に限らず、世界中で注目を集めるENHYPENのビジュアル王子・パクソンフンの性格や理想のタイプまで大紹介します!

ENHYPEN ソンフンのプロフィール大紹介!

名前(本名):パクソンフン

ハングル表記:박성훈

ニックネーム:氷のプリンス

生年月日:2002年12月8日

身長:178cm

体重:非公表(77kg前後との噂あり…)

血液型:O型

星座:射手座

出身地:韓国

趣味:洋服を集めること

事務所:BELIFT LAB

ポジション:未発表

学歴:判谷(パンゴク)高等学校 在学中

家族構成:両親、妹

 

現在判谷高等学校に在籍していると言われていますが、ENHYPENでのデビューが決まったので通信制高校に転校するのでは?とファンの間では囁かれています。

 

判谷高等学校は、京畿道南楊州市にあり多くのスケート選手を輩出している学校でとても有名です。

 

まだまだ情報が少なく、謎の多いソンフン。

情報が発表され次第、随時追記していきます!

あだ名は「練習の虫」

アイドルとしてデビューする前には、事務所に所属し練習生になるのが、韓国では通例。

 

一日何時間も練習するのは当たり前。

そんな厳しい生活を送る練習生の間でソンフンは「練習の虫」と呼ばれていました。ちなみに練習生期間は2年1カ月です。

 

Big Hitの練習生としても有名なソンフンですが、実はフィギュアスケートの練習と並行して練習生を行っていたことを知っていますか?

 

フィギュアスケート界でも期待の選手だったということもあり、スケートの練習も相当ハードだったと想像ができます…。

 

10代なのに夢のために立派だなぁ…そんな過酷すぎる生活は、私にはできそうにありません(涙)

 

きっと練習生の間で「練習の虫」と呼ばれているのは、単に努力家だからという理由だけではなく、スケートとの両立をしているのにも関わらず、大変な素振りを一切見せなかったからなのかな思います。

 

またどちらかと言うと内向的な性格のソンフン。

 

ちょっぴり怖がりなようでVRゲームで絶叫し、機械を頬り投げてしまったことも(笑)

色々な魅力がありそうですね。

ジェイクへの愛が深すぎる…

K-POPファンなら一度は聞いたことのある「ケミ(⁼CHEMISTRY)」という言葉。

仲の良いメンバーや共通点のあるメンバーをファンの間で「ケミ」と呼びます。

 

ENHYPENにもすでにケミが存在しているのを知っていますか?

 

その中でも同い年である「02ズ」のジェイ、ソンフン、ジェイクは人気が高いケミです。

 

またソンフンは、ジェイクへの愛情が深すぎることで有名ですよね。

他のメンバーに対してマウントを取っている姿をよく見かけます。

 

「一緒に写真を撮るときの距離感はもう付き合っている。」

 

「ジェイクに対するスンフンの愛が大きく見えるけど、本当はお互い同じくらい大好きだよね(笑)」

 

などSNS上では2人を応援する声もありました(笑)

 

個人的にはソンフンとジェイの関係性もとても微笑ましいので、みなさんチェックしてみてください!

「ソンフンをデビューさせないと損する!」韓国ファンの声

実力が安定している練習生や精神的に落ち着きのある練習生は放送分量が少ないことは、韓国のオーディション番組によくあることですよね。

 

ソンフンも安定した実力を持ち、他の練習生に比べて前に出るタイプではなかったのでI-LANDでの放送分量は少なめでした…。

 

第1回の入場テスト(I-LANDチームとGROUNDチームに分けるもの)にて見事I-LAND側になったソンフン。

 

チームでは2回目となる課題テストでも上位6人の中に入るなど上々の滑り出し。

 

またユニットテストで代表に選ばれなくても、陰で黙々と練習している姿が放送され視聴者からの評価もさらにあがることに!

(結果チームの勝利のためジェイと交代し、ユニットテストの代表に選ばれました)

 

パート2への出場をかけたパート1最後の投票でも見事勝ち抜き!

視聴者投票では中国、タイ、香港で1位も獲りました。

 

ほかの練習生に比べ放送分量こそ少ないですが、圧倒的ビジュアルと存在感で注目を集めていたソンフン。

他の練習生と絡むシーンは見ていて微笑ましかったです。

 

そんなソンフンを見て、韓国では「ソンフンをデビューさせないと損だ!」などという声も多く上がっていたそうです。

 

結果ソンフンは最終順位6位でENHYPENのメンバーに!

無事デビューできて本当に良かったですね。

ソンフンのポジション予想してみた!

ポジションに関しては、まだ未発表の部分も多いENHYPEN…。

 

というわけで、今回ソンフンのグループ内でのポジションを予想!

ただ私ひとりで予想するのはつまらないのでSNSにてアンケートを設置しました!

私の友人にも協力いただき、約60票ほど集まりました。

 

アンケート内容と結果は以下の通りです。

「ENHYPEN ソンフンのグループ内でのポジションは?」

・ボーカル  12.5%

・ダンサー  22%

・ラップ   0%

・ビジュアル 65.5%

 

「またボーカルとダンスに投票した人は以下も答えてください。」

・メインボーカル 0%

・リードボーカル 17%

・メインダンサー 11%

・リードダンサー 72%

 

やっぱりソンフンは圧倒的ビジュアル担当のようです(笑)

またボーカルよりはダンス枠。その中でもリードダンサーという予想になりました!

 

フィギュアスケート経験者と言うこともあり、アクロバティックな動きもこなせるところも魅力の1つですね。

 

いかがですか、みなさんの意見も同じでしょうか?

「羽生結弦=パクソンフン」とは…?

ソンフンがフィギュアスケートの選手だったということは、有名な話。

 

ちなみに、フィギュアスケート選手としてもWikipediaもありますので気になる方は検索してください!

 

幼い頃、ソンフンは弱視で右目がほどんど見えない状態だったそうです。

長時間の手術や治療のせいで、自分に自信がなく消極的になっていったソンフン。

 

そんな彼に両親が運動を勧め、7歳の頃アイスホッケーを始めたそうです。

 

しかし、体格的な問題でフィギュアスケートに転向。

ここからソンフンの華々しいフィギュアスケート人生が始まります。

 

韓国選手権ジュニアやアジアオープンジュニアなど国内外の多くの大会で、常に入賞するトップ選手に!

 

韓国では「フィギュア界の有望株」、日本では「韓国の羽生結弦」と紹介されていたんだとか…。

 

しかしアイドルの夢を追いかけたソンフンは、2020年2月の冬季体育大会を最後にフィギュアスケートはお休みしています。

 

現在もスケートを続けていたら、2020年の国会代表選手候補になっていました。

(前シーズンの成績を元に作成された資料に名前が載っていました)

 

才能もあり、長く努力してきたスケートの活動を休止するほど追いかけたかったアイドルという夢。

 

どうか今まで以上に幸せな人生であるようみなさんで応援しましょうね!

実はあの歌姫と共演していました…

ソンフンは、あの国民的歌姫のバックダンサー経験のあります。

 

その歌姫とは、、、みなさんもご存知のIU先輩です!

 

IUの代表曲のひとつでもある「Good Day」のステージに出演していました!

9歳の頃だと言われています。(それにしてもかわいすぎる…)

 

I-LANDを見ていた方は、ここでピンッとくるかもしれません。

実はI-LANDのシグナルソングである「into the iland」はIUが歌っています!

 

これは偶然というより運命という言葉がしっくり来ます。

 

これからのソンフンのアイドル人生、そしてENHYPENのアイドル活動が輝かしいものでありますように…。

 

 

関連記事:実はユエナだった!IUファンと告白した韓国アイドルたち♡

 

IU♪初心者はまずこれ聞いて!おすすめ曲・隠れた名曲をご紹介♪

関連記事