# 爆弾酒
# ソメッ
# ソジュ
# 韓国
# お酒
# 酒
# 韓国文化
# 作り方
# 組み合わせ
# おすすめ

韓国の爆弾酒ってなに?!作り方と美味しい組み合わせ徹底紹介!

アップデート : 2020-01-17

ただのお酒じゃなくて爆弾酒!?韓国の爆弾酒とは一体何なんでしょうか?簡単に言うとお酒とお酒、またはお酒と別のドリンクや食べ物をミックスして作ったお酒のことです。 普通に飲むより美味しかったり、酔いやすかったり…(笑)そんな魅力的な爆弾酒を作り方も合わせてまとめて見ていきましょう!

爆弾酒って何?

そもそも爆弾酒とはどういう意味なのでしょうか?

もともとはウィスキーなどの洋酒とビールを混ぜて作ったお酒のことを爆弾酒と言っていました。

アルコール度数も高くなることが多く、すぐに酔いやすいこともあり爆弾酒と呼ばれるようになったと言われています。

しかし現在では特に洋酒とビールという縛りは無く、ただ単にお酒に別のドリンクやものをプラスしても総称して爆弾酒と呼ばれることがほとんどです。

昔は軍隊で男性たちがよく作っていましたが、現在では若者にも浸透しており、お酒の席などでゲームでの罰ゲームとして作られることなどが多いです。

爆弾酒は種類が豊富?

ソメク

一番ポピュラーなソメク。
ソメクとはソジュ(焼酎)+メクチュ(ビール)のことです。
最近ではジンテといって焼酎のジンロ(眞露)とビールのテラを混ぜたものが人気!

グミ酒

名前の通りグミを使ったお酒です。

用意するのはお好みのグミとフルーツ焼酎。

瓶にグミを入れたら冷蔵庫で少し寝かし、グミに焼酎が染みこむまで待ちます。

時間が経ったらコップに焼酎とグミを注げばOK。

ぷにっぷにのグミがクセになるかも!

グレープフルーツビール

ビールとグレープフルーツを準備。

ビール1、グレープフルーツ2の割合で混ぜれば完成です。

生のグレープフルーツを沢山絞るのはなかなか大変なのでジュースでも良いかと…(笑)

お好みでホンチョ(紅酢)を少しだけ足すとグラデーションになって綺麗です!

炭酸ボンボン酒

韓国で人気の봉봉という白ブドウジュース、焼酎、炭酸水を使った爆弾酒。

それぞれを4:3:3の割合で混ぜれば完成です。

白ブドウジュースのような仕上がりになり、沢山飲めちゃう危険なお味です(笑)

アイスティー酒

焼酎とお好みのアイスティーを準備。

それぞれを1:2で混ぜて作りましょう。

韓国のアイスティーだと桃フレーバーなど味がついていることがほとんどなので甘い仕上がりになり美味しいです。

カーラマンシー酒

焼酎の飲みにくさが無くなる!と韓国女子に大人気のカーラマンシー酒。

カーラマンシーの原液(コンビニでミニパウチで販売されています。)、と焼酎を準備。

それぞれを6:4で混ぜれば完成です。

ほどよい酸っぱさがくせになります。

メローナ酒 / スクリューキス酒

ビール用のコップにメローナというアイスバーを1本入れ、そこへ焼酎を適量入れれば完成です。

量は好みで加減を!ちなみにメローナは名前からご想像できる通りメロン味です!(笑)

ちなみに同じくアイスバーで、スクリューキスを使ったものもあります。

こちらは主にイチゴフレーバーです。

ソメリカーノ

アメリカーノと焼酎を準備。

韓国には焼酎用の小さなグラスがあるのですが、それにアメリカーノと焼酎を半々注げば完成です。

アメリカーノを入れることで焼酎の飲みにくさが減り美味しく感じられます。

ブルーレモネード酒

関連記事