# T-moneyカード
# 交通手段
# 地下鉄
# バス
# 使い方
# 買い方
# 旅行お役立ち
# おすすめ
# お得
# ティーモニーカード

【韓国初心者必見20】韓国交通系ICカードT-moneyカードの完全ガイド

アップデート : 2019-08-04

韓国旅行の必需品?!1枚あれば安心T-moneyについてご紹介します。

日本語表記に返還後、チャージする場所にカードを置いて、金額を指定。

料金を入れれば自動でチャージされます。
チャージが完了するまではカードを持ち上げないように注意です!

また領収証も発行可能です♪

T-moneyカードチャージ方法②コンビニ

チャージはコンビニでも可能です!

先ほどコンビニでのT-moneyカード購入方法をご紹介しましたが、
コンビニでT-moneyカードを購入する際に合わせてレジでチャージをすると楽です♡


チャージをしたい場合はレジにいる店員さんに


「충전하고 싶어요」
(チュンジョンハコゴシポヨ / チャージしたいです)


と伝えましょう。

いくら?と聞かれる場合もありますが、チャージしたい金額を渡せば大丈夫です。

T-moneyカードを実際に使ってみる

便利な使い方は?

T-moneyはお伝えしている通り
・地下鉄
・バス
・タクシー
で使用ができる交通カードです。


地下鉄とバスの場合、T-moneyを利用すると通常料金より100ウォン安くなるんです!


【料金一覧】※大人料金基準

地下鉄(初乗り料金)
■T-money:1,250ウォン
■通常料金:1,350ウォン

バス(初乗り料金)
■T-money:1,200ウォン
■通常料金:1,300ウォン
※バスの種類によって価格が異なる場合がございます

ソウル旅行では地下鉄やバスでの移動が多いのでは?
そんな方には特にT-moneyカードをお勧めいたします!

地下鉄駅での使い方

使い方は日本でのSUICAやPasmoと変わりません。

上の写真のとおりに、乗り降りをする際に
ピッと改札のセンサーにカードタッチすると

・上:支払い金額
・下:残額

にて金額表示がされます!

(もしも、入る前に✕表示とか出たらそれば残高不足ですので、チャージをしてから入ります。)

バスでの使い方

韓国のバスは基本的に車体前方ドアから入ります。

バスに乗ると入口すぐにICカードをタッチする機械がありますので
地下鉄と同様に、T-moneyをタッチすればOKです。


また降りる際はバス後方ドアより降ります。

降り口付近にも同じようにICカードリーダーが設置されていますので、
降りる時も必ずセンサーにピッとタッチしてください。

降りる際にタッチをしないと後にご説明する割引が適用されませんので注意です!

コンビニ・タクシー・駅ロッカーもOK

先ほどご紹介した通り、地下鉄やバスだけでなくコンビニ、そしてソウル市内であればタクシーの支払いもOKです。

支払いが可能な場合は、T-moneyのマークがあるので
見つけたらぜひ使ってみましょう♡
また地下鉄駅構内のロッカー、そして自販機などもT-moneyカードで支払いができることも!

自販機ではドリンクだけでなくお菓子、サニタリー用品なども販売されているのでちょっとした買い物をしたいときにも便利です。

乗り換え割引も!

T-moneyカードを使えば

バス⇨地下鉄
地下鉄⇨バス

といった乗り換えの際に割引が適応されます。


割引内容は【30分以内であれば乗り換え先の基本料金がかからない】というもの。

(基本料金:地下鉄1,250ウォン、バス1,200ウォン)


バスから地下鉄に乗り換える場合は、差額の50ウォンのみが差し引かれます。

また21時から翌朝7時の間は適用時間が30分から1時間に延長されます。


<注意点>
※地下鉄⇔地下鉄、同じ路線のバス乗り換えは適用外です。

買って損なし!T-moneyカード!

韓国旅行の必需品とも言えるT-moneyカードについてご紹介しました!

購入もコンビニなどででき、チャージも駅でできるため簡単!
現金払いよりも少しではありますがお安く、さらには乗り換え割引もあるためかなり便利と言えます。
いつも韓国旅行で残ってしまう…という小銭もすっきりチャージで使い切ってしまいましょう笑

ぜひ韓国旅行の際はT-moneyカードでお得に移動またはお買い物を楽しんでくださいね!

関連記事