2019年10月02日更新

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

今や世界の音楽の基準となっている米ビルボード。 今回はそんなビルボードにチャートインしたK-POPアーティストたちの中からいくつか抜粋! 世界に進出した経歴を持つK-POPアーティストたちは誰なのでしょうか?

ツイート

米ビルボードとは?

米ビルボードは1894年11月1日に創刊された雑誌『ビルボード・アドバタイジング』という名で始まりました。

当時はサーカスや移動遊園地を紹介する雑誌でしたが
1961年にそのままアミューズメント施設を取り上げる雑誌と、音楽を扱う雑誌に分割。

音楽の評価ジャンルを徐々に広げ、現在では数多くのジャンルを取り扱う
世界的な音楽ランキングへと成長を遂げました。



一冊の雑誌から始まった音楽チャートというのは驚きですよね!

ビルボードのチャートの種類

本題に移る前に紹介しなくてはいけないのがチャートの種類です。


最も代表的なチャートが最新の100曲を取り扱う‘‘Hot 100‘‘と最新の200曲を取り扱う‘‘Hot 200‘‘。

その他カントリーミュージックやブルーグラス、ジャズ、クラッシック、R&B、ヒップホップ、電子音楽など
各ジャンルのチャートも取り扱っており、チャートの長さも10~75まで様々です。


また、年間チャートである‘‘Year in Music‘‘やアーティストのランキングである‘‘Artist 100‘‘なども存在します。

ビルボードの審査基準

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

次に気になるのがビルボードの集計方法ですよね。

K-POPアーティストがチャートインするたびに不正投票や投票の不正操作が疑われますが本当にそんなことが可能なのでしょうか。


「billboard JAPAN」によると“Billboard JAPAN HOT100”の集計方法として、CDセールス、ダウンロード、ストリーミング、ラジオ再生、動画再生、ルックアップ(PCへのCD読み取り数)、ツイート、
カラオケの8種類のデータを基準に審査しているそうです。

一方米ビルボードの‘‘Billboard Hot 100‘‘では売り上げとエアプレイ(オンエア=放送)に基づいており、
集計期間は月曜~日曜の1週間。現在はデジタル・ダウンロードに比重を置いて評価しています。


ビルボードはチャート操作ができるなどと言われることが多いですが根拠が曖昧なので
真相は不明のままです・・・

米ビルボードにチャートインしたK-POPアーティスト

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

今回はビルボードのK-POPチャート意外にランクインしたアーティストの中からいくつかのグループをご紹介!

一体どんな点が評価されたのでしょうか?詳しくご紹介します。

K-POP初チャートイン!キム・ボムス『Hello Good-bye Hello』(2001)

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

K-POPが初めて評価されたのが2001年、キム・ボムスの『Hello Good-bye Hello』でした。

K-POPの世界進出の第一歩であるこの記録。
K-POP史を語るうえでは紹介しなくてはならない、大事な記録です。

グループ・個人ともに世界的な人気を誇る BIGBANG&G-DRAGON&SOL

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

日本でも爆発的な人気を誇るBIGBANG。
BIGBANGの凄いところはグループだけでなく、個人のソロ活動でもビルボードで評価されているところです。


SOLは『RISE』と『WHITE NIGHT』の2作品でワールドアルバムチャートで1位を獲得。


同じくG-DRAGONは韓国人のソロ歌手として初めてワールドアルバムチャートで
2週連続の1位を獲得しました。



勿論グループ単位としてもHot 200にチャートインした記録を持ち、
世界中で注目を浴びていることが改めて確認されました。

出典:youtube

G-DRAGON - '무제(無題) (Untitled, 2014)' M/V

KWON JI YONG(2017年6月8日)

出典:youtube

LIVE DVD & Blu-ray 'SOL JAPAN TOUR [RISE] 2014' (Trailer)

たちまち世界中で大ヒット!セレブも聴いた? PSY『江南スタイル』(2012)

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

日本でもかなり話題になったPSYの『江南スタイル』。
K-POP史のなかでは忘れてはいけないほどの大きな記録を残しました。


まず大きな波紋を呼んだのがYouTubeの再生回数。

7月に公開された江南スタイルが8月にはYouTube月間ランキングでジャスティンビーバーを抜いて1位に!再生回数は2億2千万回を突破しました。



あれよあれよと事が進み、アメリカの人気番組に引っ張りだこの状態となったPSY。

凄いのが人気番組出演直後にチャートの順位が跳ね上がったことです。


Hot 100では64位から11位に一気にランクアップ。



聴けば聞くほどクセになる…それが功を成して、世界中で話題になりました。

PSYはそんな楽曲が魅力のアーティストです。

出典:youtube

PSY - GANGNAM STYLE(강남스타일) M/V

2週連続チャートイン EXO『DON’T MESS UP MY TEMPO』(2018)

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

続いて紹介するのがEXOの5thアルバム『DON’T MESS UP MY TEMPO』。

このアルバムはメインチャートの‘‘Hot 200‘‘で23位、さらに‘‘アーティスト 100‘‘で9位にランクインしました。



その他iTunes総合アルバムチャート全世界48地域1位や、中国、韓国の国内チャートで1位を獲得するなど、
世界規模の人気を発揮しました。

出典:youtube

EXO 엑소 'Tempo' MV

K-POPを超えて世界発での快挙も⁉ BTS

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

BTSの世界任期は皆さんご存知だと思いますが、
凄いのが‘‘K-POP初‘‘だけでなく‘‘世界初‘‘の記録をも保持していること。


BTSはアーティストチャートである‘‘Artist 100‘‘で首位を記録すると同時に、
グループ/デュオとして5週連続で1位を獲得しました。

これは世界発の出来事で、
BTSがK-POPを世界に知らしめる新たなアーティストであることは間違いありませんよね。



ちなみにArtist 100の首位最多ランキング1位は36週のテイラースウィフト。
BTSは同じく5週連続1位のケンドリックラマーやポストマローンと肩を並べています。

出典:youtube

BTS (방탄소년단) '작은 것들을 위한 시 (Boy With Luv) feat. Halsey' Official MV

待望のYG発ガールズグループ BLACKPINK

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

BLACKPINKはデビュー前からかなり話題になっていました。


ご存知の通り、YG出身のアイドルは実力派揃い。
楽曲もかなり良く、数年ぶりにガールズグループがデビューすることになり、YGのファンは勿論、
その他のK-POPファンをも巻き込んでデビューを果たしました。



BLACKPINKはデビュー直後に人気を獲得。
ビルボードの記録としてはワールドデジタルソング1位の記録やHot 100 でK-POPガールズグループとして
初めての最高順位を記録しました。

出典:youtube

BLACKPINK - 'Kill This Love' M/V

今後期待できる!世界進出も近い?SEVENTEEN

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

黄金世代に代わり、K-POP界を担ってきたグループとして忘れてはならないのがSEVENTEENです。


これからの期待を込めた新人向けのランキングであるHeatseekersチャートで2度にわたりチャートイン。

先人アーティストにはまだ劣るものの、今後さらなる人気獲得が見込める期待のグループです。
日本などアジア圏の人気は十分に獲得しているので、世界での活躍が楽しみですね♡

出典:youtube

SEVENTEEN(세븐틴) - 5TH MINI ALBUM 'YOU MAKE MY DAY' HIGHLIGHT MEDLEY

止まらない快進撃!BTSを筆頭に世界進出を遂げるK-POP

世界進出!米ビルボードにチャートインした記録を持つK-POP

出典: www.google.com

ここまでK-POPアーティストの中からいくつか抜粋してご紹介しましたが、
その中でも今最も注目を浴びているのがBTSです。


2016年から快進撃が続くBTSは最近ではビルボードチャートよりもさらに注目度の高い
グラミー賞にもプレゼンターとして招待されました。


もしかするとグラミー賞の受賞も近いのかもしれません…



そしてBTSだけでなくEXOやBLACKPINK、SEVENTEENなどアジア圏の人気を超えて
世界中での知名度が上がりつつあるK-POPアイドルたちにも注目していきましょう!

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

エンターテイメントカテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す

TOP