# チョンノ
# 鍾路
# ウルチロ
# 乙支路
# 韓国カフェ
# 韓国おしゃれカフェ
# 韓国グルメ
# おしゃれグルメ
# 人気グルメ

ソウル・鍾路(チョンノ)の基本情報|李朝から400年の歴史を持つソウルの中心地

アップデート : 2020-01-16

ソウル・鍾路(チョンノ)はソウル観光で人気の景福宮(キョンボックン)がある街。鍾路の鐘閣(チョンガッ)駅周辺は繁華街で学校や居酒屋が集まっています。不思議なのは、観光客が多い人気のエリアなのに静寂さと和の雰囲気が残っている落ち着いた場所なのです。女子旅の散策におすすめのエリアです。

400年の歴史が溶け込む街・鍾路(チョンノ)

ソウル・鍾路(チョンノ)は、ソウルの中心地で繁華街です。

李朝が現在のソウル(漢陽)を首都と定めて400年の時を経た今も、それは変わることがありません。

鍾路と言う名前は、韓国内で最も大きな鐘がある鐘閣(普信閣/ポシンガッ)があることに由来していると言われています。

屋台がたくさん集まる鍾路3街(チョンノサムガ)など庶民派グルメの宝庫としても有名な鍾路。

鍾路は古き良き韓国ですが、一方では開発された新しき街でもあります。

ここでは、すべての人を優しく迎えてくれる鍾路について紹介していきます。

鍾路(チョンノ)はどんなところ?

鍾路(チョンノ)は韓国ソウル特別市鍾路区にある道路およびその周辺の地名で鐘閣駅周辺を指します。

道路としての鍾路は、西は光化門交差点から東は東大門市場に至るまでの大通りのこと。

鍾路はジモティー(地元)のための場所と言えます。

観光地として人気のエリア明洞よりもジモティーを知りたい人におすすめの場所。

鐘閣駅の出口を出た交差点には、鍾路のランドマークとなる「鍾路タワー」があります。

鍾路で有名な「ピマッコル」は高官が使用した大通りを避けるように発達した庶民的な路地のこと。

2009年の再開発で姿を消してしまいましたが、今も鍾路3街駅付近の南側には昔ながらの路地がありその面影が残っています。

鍾路は古き良き街に新しさをプラスして共存・共鳴している街。

この街はどんな人でも気兼ねなく訪れることができる温もりを持っています。

キラキラした観光地ではなく、ホッコリ包み込んでくれる場所をお探しの方にはぜひ訪れていただきたいエリアです。

鍾路までのアクセス方法

空港から鍾路エリアまでのアクセス方法を紹介します。

▪仁川空港から
【電車】空港国際線第1ターミナル(空港鉄道A'REX))→乗り換え・地下鉄5号線孔徳駅→鍾路3街駅
(所要時間)約1時間10分(金額)カード4,150ウォン、現金4,250ウォン
【バス】空港リムジンバス6002番
(所要時間)約1時間15分(金額)10,000ウォン
【タクシー】(所要時間)約1時間10分(金額)50,400ウォン

▪金浦空港から
【電車】地下鉄5号線金浦空港駅→鍾路3街駅
(所要時間)約45分(金額)カード1,550ウォン、現金1,650ウォン
【バス】市内バス601番
(所要時間)約65分(金額)カード1,200ウォン、現金1,300ウォン
【タクシー】(所要時間)約40分(金額)19,200ウォン

▪最寄り駅
地下鉄1号線鐘閣駅/地下鉄1・3・5号線鍾路3街駅

鍾路に訪れたら行かなきゃ損なお洒落カフェスポット!

鍾路と言えば、インスタ映えするカフェが数多く存在しているエリアです。

ここで紹介するお洒落カフェスポットのコンセプトは「隠れ家」。

女子旅で人気のカフェ巡りも良いけれど、こだわりのある隠れ家的カフェも心癒されておすすめです。

今回は「ホランイ」、「grain boundary」、「鍾路市場(チョンノシジャン)」の3店を選んで紹介しています。

おすすめカフェ1. ホランイ

世運商街3階にあるカフェ「ホランイ」は韓国語で「虎」という意味です。

トラのパッケージが飲み物などについています。

テーブル席が6つの広くない店内はソウルで今流行りのレトロな雰囲気。

店内で流れている音楽はジャズでメニューはシンプルに3種類。

ここの人気はアイスがおすすめのカフェラテとフルーツサンドです。

ラテはこのお店でしか出せない味で、フルーツサンドは甘すぎない生クリームにフルーツが調和しておいしいです。

季節によってフルーツサンドのフルーツが変わります。

▪住所:ソウル特別市 中区 山林洞 207-2, 商店街 3F/(道路名住所)ソウル特別市 中区 乙支路 157 , 商店街 3F
▪電話番号:02-2269-5880
▪営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30) ※旧正月・秋夕(チュソク)は短縮営業あり
▪休業日:日曜、旧正月・秋夕(チュソク)の当日
▪アクセス:地下鉄2、5号線乙支路4街駅1番出口 徒歩3分
▪価格帯:カフェラテ3,500ウォン、アメリカーノ3,000ウォン、フルーツサンド7,000ウォンなど
▪HP:www.instagram.com/horangiicoffee
※全席禁煙

おすすめカフェ2. grain boundary

grain boundary(グレインバウンドリー)は、ソウルの落ち着いた隠れ家的カフェでありながら、気心知れた仲間が気軽に集まれる交流カフェの役割も担っています。

お店は鐘閣駅と鐘路3街駅の間に位置している地下~2階まである3階建てのカフェ。

店内はシックな雰囲気で、地下には一人でゆっくり座れるスペースもあります。

平日は午前7時から開いているので旅の休憩地として活用するのにも最適です。

ドリンクのおすすめは韓国で人気のアメリカーノ。

またティラミスやプリンなどのスイーツも人気です。

▪住所:ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞21 1階/(道路名住所)ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞 三一大路388-7
▪電話番号:02-2263-3031
▪営業時間:月曜日〜金曜日7:00~22:00、土曜日〜日曜日/祝日11:00〜22:00
▪アクセス:鍾路3街駅15番出口 徒歩5分、鐘閣駅12番出口 徒歩5分、乙支路3街駅1番出口 徒歩10分
▪価格帯:アメリカーノ4,500ウォンなど
▪メールアドレス:grainboundary21@gmail.com
▪HP:https://grainboundary21.modoo.at/、https://www.instagram.com/grainboundary_jongno/

おすすめカフェ3. 鍾路市場(チョンノシジャン)

CAFE鍾路市場(チョンノシジャン)は、店内の壁がミントグリーンでレトロな雰囲気に包まれる癒しの空間。

ソウルの中心街、鍾路(チョンノ)のランドマーク的な存在の「普信閣」のすぐ後ろにあるカフェです。

パンを作って売っているお店でパンの種類も多くフルーツも売っています。

パンケーキ専門のATTABOYと協業のお店なので、米国の本物のパンケーキを食べることができるお店。

最上級のコーヒーとデザート、そしていろいろな種類の新鮮な果物を食べることができるカフェです。

▪住所:ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞256 1階/(道路名住所)서울 종로구 우정국로2길 10 1층
▪電話番号:02-732-145230
▪営業時間:07:30 - 23:00(last order 22:30)
▪アクセス:鐘閣駅4番出口 徒歩3分
▪価格帯:アメリカーノ3,500ウォン、ラテ4,000ウォン、フレッシュフルーツジュース4,800 ウォン、フレッシュピーチスムージー4,500ウォン、クロワッサン3,500ウォンなど
▪HP:https://www.instagram.com/cafe_jongno_sijang/

鍾路でお腹が空いたらここ!

ここからは、鍾路でお腹が空いたら行ってほしいお店を紹介します。

コンセプトは「ジモティーグルメ」。

ソウルの中心部で地元の人のように韓国を楽しみたい人におすすめなのが鍾路エリアのお店です。

この辺りは、安いのにおいしい韓国グルメを食べることができる庶民的なお店が多いのが特徴。

紹介するのは、韓国へ行ったらぜひ食べたいタッカンマリのお店と日本ではあまり食べることができないユッケ、そしてサムギョプサルのお店の3店です。

おすすめグルメ1. 陳玉華(チンオックァ)ハルメ元祖(ウォンジョ)タッカンマリ

関連記事

人気の記事ランキング

おすすめ
日間
週間
月間