# RedVelvet
# ウェンディ
# ダイエット
# 歌
# カナダ
# 私服
# 身長
# メイク
# 髪型
# 英語

次世代の歌姫?実力派ボーカルRed Velvet ウェンディのプロフィールを詳しくご紹介♫

アップデート : 2019-09-11

今回ご紹介するのは、SM Entertainmentに所属するガールズグループ、Red Velvetのメインボーカルを担当するウェンディ! そんなウェンディの基本的なプロフィールから性格やデビュー前の経歴などについても詳しくご紹介していきたいと思います…!

今回ご紹介するのは、SMエンターテインメント(以下、SM)に所属するガールズグループ、Red Velvetのメインボーカルを担当するウェンディ!

そんなウェンディの基本的なプロフィールから性格やデビュー前の経歴などについても詳しくご紹介していきたいと思います…!

Red Velvet ウェンディの基本プロフィール!

芸名:웬디/WENDY(ウェンディ)
本名:손승완(ソン・スンワン)
ニックネーム:ワンイまたはワニ、ワンファプなど
生年月日:1994年2月21日
身長:157cm
体重:40kg
血液型:O型
星座:魚座
出身地:ソウル特別市 城北区
趣味:料理、お菓子作り、カフェ巡りなど
特技:英語、フランス語、数学、ピアノ、ギター、フルート、サックスなど
事務所:SMエンターテインメント
ポジション:メインボーカル
学歴: 제천중앙초등학교
Shattuck-St. Mary's School
Richmond Hill High School
カラー:青

Red Velvet ウェンディの性格って…?

Red Velvetの中では丁度真ん中、上から3番目の年齢(2番目のスルギとは同い年)なのがウェンディ。
そんなウェンディの性格についてですが…

ウェンディの性格をざっと挙げてみると、

・表情豊か
・明るい
・よくふざける
・ユーモアがある
・優しい
・配慮深い、気配りができる
・感受性豊か
・努力家
・几帳面
・愛想がいい
・ファン想い

などが挙げられます。

まずウェンディといえば、“見れば見るほど反転魅力”というキャッチコピーがつけられたメンバーなんですが、皆さんご存知でしたか…?

ウェンディはお茶目な性格で、よくふざけたりして場の雰囲気を明るくする、ムードメーカーです。
ヘラヘラしていると見られてしまうこともあるようですが、根が明るく外国育ちなこともあってユーモア溢れる正確なために誤解されているだけなよう。

実際のウェンディは愛想がとても良いと言われていて、ファンと触れ合う場でもいつも笑顔で優しく話してくれたり、とっても対応がいいということで有名。
また、ファンからのプレゼントもよく身につけてくれるメンバーとしても知られており、サイン会などファンと会う場に着てくる…なんてことも!とってもファン思いなんです…!

そしてウェンディはとっても感受性豊かで多感な性格。
そういったところがあるのは、とってもアイドル(アーティスト)向きですよね!

また、とっても几帳面できっちりと家計簿をつけて細かく管理するようなところがあり、しっかり者でもあります。

そしてとっても努力家なので、頑張りすぎてしまうほどとにかく頑張り屋。

このようにウェンディはたくさんの面を持った魅力的なアイドルの1人です!

Red Velvet ウェンディのデビュー前の経歴

ウェンディといえば、ソウル出身ですが、小学5年生の時に1人でカナダへ留学。

そしてアメリカのミネソタ州にある全寮制の中学校へ進学。
高校生になる時にはウェンディの家族もカナダへ移住し、そのままカナダの高校を卒業しています。

そのため英語も母国語のようなもので、韓国語とのバイリンガルです。
ちなみにフランス語とスペイン語を含め4ヶ国語を話すことができるんだそうです。


また以前tvN放送『脳セク時代』というクイズ番組に出演。
その番組での活躍からもウェンディは学生時代、かなり秀才だったことがわかります。

特に数学が好きで、もし歌手になっていなかったら科学の道へ進んでいたと思うと話していたことがあるほど、勉強熱心だった様子。
それを証明するように学生時代の成績表はA+、A-がいっぱい!本当にすごいですよね…!
さらにピアノやフルートなど楽器の演奏もできるウェンディ。
そんなウェンディが歌手になりたい!と思うようになったきっかけはなんだったのか、気になりますよね。

ウェンディが歌手になろうと思った理由としては、ウェンディは小さい頃から楽器を習っていたそうで、楽器を弾くことが好きだったそう。

そのため音楽に触れることが多く、その影響を受けて歌手の道を志すように。
理由としては、その影響を受けたことを生かして、次は自分自身が与える側になりたかったからなんだとか。カッコいいですよね…。


ちなみにSMに入る事となったのは、2012年に行われたSMエンターテインメントグローバルオーディションのボーカル部門で合格したことがきっかけ。このオーディションに合格したことで、SMの練習生となりました。

前年2011年のCUBEエンターテインメントのオーディションも受けていたようで、最終の14人の選考まで残ったんだそうですが、惜しくも合格できなかったようです。

結果的に入るのが難しいと言われているSMの方に合格しているので、1年ほどの間で努力をし、才能が認められて入社することになったんですね。

ちなみにウェンディがオーディションの時に歌った曲はキム・ゴンモの『ソウルの月』🎥↓↓
ウェンディは韓国で最も大きいと言われている芸能事務所、SMエンターテインメントに所属するガールズグループRed Velvetのメンバーとして2014年7月にデビュー。

SMからの新グループはEXO以来2年ぶり、ガールズグループとしてはf(x)から5年ぶりのデビューでした。

ウェンディという名前は芸名ではなく、カナダに住んでいた時に実際に使用していたという英語名なんだそうです。

ちなみにウェンディがデビューしたことは、ウェンディが住んでいた地域の地元新聞トロント・タイムズでも報じられたそう…!


そんなRed Velvetは先輩グループである少女時代の大衆性とf(x)のコンセプチュアルで実験的な要素の中間のコンセプトを持ったガールズグループで、SMらしい中毒性や世界観を持った楽曲で人気のグループです。


デビュー曲は『행복(幸福) (Happiness)』🎥↓↓
ちなみにウェンディがオーディションの時に歌った曲はキム・ゴンモの『ソウルの月』。
かなり歌唱テクニックがないと歌えない曲…!
この曲をオーディションの時に洗濯したのは、本当に歌が上手で自信もないと選べません…😲!
そしてウェンディはSMの練習生となり、しばらくしてSMルーキーズとして公開されました(SMの練習生のうち、公開練習生のことを指す)✨


これはウェンディがSMルーキーズとして公開された後、正式にSMが公開した月末評価時の動画。

SMは練習生を徹底管理することで知られている事務所であり、こういった月末評価動画をアップすることはほとんどないのですが、この動画を見るとどうしてアップしたのかというのがわかります。

Red Velvet ウェンディのデビュー後の活躍

ウェンディは韓国で最も大きいと言われている芸能事務所、SMに所属するガールズグループRed Velvetのメンバーとして2014年7月にデビュー。

同事務所からの新グループはEXO以来2年ぶり、ガールズグループとしてはf(x)から5年ぶりのデビューでした。

またウェンディという名前は芸名ではなく、カナダに住んでいた時に実際に使用していたという英語名なんだそうです。

ちなみにウェンディがデビューしたことは、ウェンディが住んでいた地域の地元新聞トロント・タイムズでも報じられたそう…!


そんなRed Velvetは先輩グループである少女時代の大衆性とf(x)のコンセプチュアルで実験的な要素の中間のコンセプトを持ったガールズグループで、SM Entertainmentらしい中毒性や世界観を持った楽曲で人気のグループです。


デビュー曲は『행복(幸福) (Happiness)』🎥↓↓
ウェンディはデビュー曲から高音をよく消化し、その歌唱力も評価されていました。

デビュー時はファンたちが髪色でメンバーを識別していたと言われており、ウェンディは毛先が青だったので髪色が青の子がウェンディなどと言われていたようです。


2015年リリースの『Ice Cream Cake』で前髪をバッサリと切って金髪に染め、イメージチェンジに成功。
その金髪がかなり似合っていたことから、ウェンディといえば金髪といったイメージもついたように感じます。

その後2集『The Velvet』の時に髪色を赤に染めたのですが、こちらもよく似合っっていて、f(x)のクリスタルの次に似合うなどと言われ、好評でした!髪型については後ほどご紹介していきますので、お楽しみに!

Red Velvet ウェンディは歌が上手い!

ウェンディといえば、Red Velvetでメインボーカルを担当していますよね🎤✨

SMといえば東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO…と全てのグループにその世代を代表するほどの歌唱力を持つメインボーカルたちが所属しており、事務所自体が“歌唱力(実力)が高い人が集まっている”という印象が強いです。

そんな中で、ウェンディももちろんそのSMの系譜を継ぐボーカリスト!
次世代の歌姫といっても過言ではないんです…!


先ほどウェンディの練習生時代の月末評価映像をご紹介しました。
その時から高い歌唱力を見せていたウェンディですが…

実はSMに入社してから、これまでの歌唱法を変えなければならなかったそうで、かなり苦労しています。
歌唱法を変えるためにかなりたくさんの練習をしていたウェンディは、声帯結節にもかかってしまったそうですが…声帯結節の治療もしながら、元々の歌唱法をも克服して今の歌唱法を身につけ、デビューを掴んだんです…!

歌唱力が高いアイドルはドラマのOSTを担当することはよくありますが、ウェンディも例外ではありません!

最近ではイ・ドンウクとユ・インナ主演のドラマ『真心が届く(진심이 닿다) 』のOST Part.3に参加。

『What If Love 』という曲を歌っています…!

Red Velvetの時とはまた違った、落ち着いていて温かみのある歌声を聞かせてくれています。

関連記事