2019年11月15日更新

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

韓国って日本と近いし、気候も似てるよね? 確かにそうなんですが!冬だけはちょっと違うかもしれません…!日中気温もマイナス?外には寒くていられない? 日本で特に南の地域に住んでいる方は必見!(笑) 冬の韓国でも後悔しないために!気をつけるべきポイントを見ていきましょう!

ツイート

ソウルの寒さをあなどらないで!最低気温−10度も当たり前

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@sangwan_landscape)

instagram

韓国旅行でいちばん辛い季節は…ずばり冬!!

12月〜2月にかけてはかなり厳しい寒さとなるので、覚悟していかなければなりません。


平均気温を見てみると
■最高気温は3〜4度
■最低気温はマイナス6〜7度
とかなり冷え込みます。

平均気温なので、時にはもっと冷え込んでマイナス10度ほどになることも!

さらに体感温度はもっと下がってマイナス15度ほどになることも!


雪も年によりますが、ガンガン降るときも…。

町中は足首まであるロングペディン(ベンチコート)を着た人々でいっぱい 笑

みんながお揃いなの?
と思えるほど黒のペディンで溢れかえる…それが韓国の冬なのです 笑

冬のソウル旅行注意点1. オーバーかな?と思うくらいでちょうどいい!しっかり防寒対策を

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@two._.woovely)

instagram

さて冬の韓国旅行でいちばん気をつけたいのが、そう!服装です。

マイナス10度ともなると肌の露出は危険!
寒いのではなく痛いのです(笑)

マフラー、手袋は必須なのでしっかりと準備しましょう。

またカイロも役に立ちます。
背中などに貼るカイロをつけるとより効果的!
また靴の中に貼るミニカイロもおすすめです。


服装はダウンコート必須!

腰丈のものでなくお尻まですっぽりと覆うことができる長さのものがおすすめです。
トップスには暖かいものを(ヒートテ◯クなど 笑)ボトムスも裏起毛のものを準備しましょう。

冬のソウル旅行注意点2. 足元注意!見えづらい氷が道に張っていることも

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@hyeongjun9920)

instagram

防寒対策ばっちり、さあショッピングに出かけよう!というそこのあなた~!
足元にもご注意を!

冬のソウルは道が凍ってしまうことも。
冷え込む朝方などは特に注意しましょう。

アスファルト自体が滑るので、全体的に気を付けるに越したことはありませんが…
特にマンホールのフタの上、店舗前に敷かれているマットなど。

足元をとられてすってんころりんとならないように…!

また冬だけでなく韓国は坂道が多いため、靴は運動靴。
冬なら底が平らなブーツがおすすめです。

ヒールだとかなり歩きづらいですのでご注意を!

冬のソウル旅行注意点3. トイレのマークが見えたら行っておくこと

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@amy_o__o)

instagram

「トイレはコンビニで借りれるよね~?」と油断してはいけません。

実は韓国ではコンビニでトイレを借りる習慣があまりありません。
(同じ建物内に共用トイレがあっても鍵が設置してあり、入れないことも!)

観光地であってもいざという時、すぐに利用できるトイレが意外と無いのです…!

そのためトイレのマークが見えたら、こまめに行っておきましょう!
それでなくても冬は温かいスープやドリンクを沢山飲みがち 笑
下手するとトイレ難民…なんてことにも!

また、デパートには確実に!綺麗な!トイレが完備されているので、
チェックしておくと良いでしょう。

冬のソウル旅行注意点4. 夜中の外出は覚悟した上で!極寒のタクシー待ちは地獄

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@eyesmag)

instagram

先程ご紹介した通り、冬の韓国は極寒!

特に夜はマイナスにまで気温が下がるので、外にいるのは危険行為!
タクシーも夜遅い時間になればなるほどつかまりません…。

それでもソウルには夜までにぎわっている街がたくさん。
弘大でバスキン見学、東大門でナイトショッピングなどなど…。

ナイトライフを楽しんだ後に、いざ帰ろう!と道に出てから
何十分も真冬の空の下で待機なんて可能性も。

真冬であれば、安全に終電前には帰ることをおすすめします。

もしくは外でタクシーを待つのは避け、
・フロントで手配してもらう
・カカオタクシーを使う
などして直前まで暖かーい室内で待つことをおすすめします!

冬のソウル旅行注意点5. 室内で楽しめるスポット中心に旅の計画を!

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@saekummom)

instagram

ソウルでカフェ巡り~♡
と思っていても、冬のソウルでは店から店までの
短い移動ですら寒すぎて嫌になることも…笑

そんな時にはちょっぴり予定を変更して!
外に出ず室内で楽しめるスポットに足を運んでみましょう。

ハングル博物館や江南にあるCOEXモールなど。
暖かい室内で十分楽しめるスポットがソウルには揃っています。

移動も地下鉄を使えば安心!(時々地上に駅がある場合もありますが…笑)

いつもは通らないような地下商店街などで思わぬ掘り出し物も見つかるかも!?
外に出ずとも十分旅行を楽しみましょう。

冬のソウル旅行注意点6. 冬の韓国は室内がほかほか天国すぎる…けど要注意!

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@danie_e_e)

instagram

お菓子にお酒、ご飯にコスメ!
「買った買った~!!」とそのままホテルやゲストハウスの床にポイ~…。
はダメダメ!!

冬の寒さが厳しいソウルではオンドルと呼ばれる床暖房が設置されていることが一般的です。
(ホテルの場合は日本と同じく空調の場合が多いです)
そのためチョコレートなどの溶けやすいお菓子や要冷蔵のものをそのまま床に放置すると…。
置いていたものたちがホッカホカに!
下手するとダメになってしまう可能性もあります。
買ったものは机やベッドの上や冷蔵庫に!

またオンドルはとっても暖かいのですが、喉や肌が乾燥することも…。
マスクや保湿アイテムを使って乾燥を防ぎましょう。

ポイントを押さえて!冬の韓国も楽しく!

覚悟必須の寒さ!冬のソウル旅行で気をつけること6つ

@lee____j___m)

instagram

冬の韓国旅行で気を付けるべきこと!
いかがでしたでしょうか?

緯度で見るとソウルは福島県・新潟県と同じほど。
釜山は京都府と同じほどと言われています。

特徴としてはとにかく寒い!ということ!
他の季節よりちょっぴりしんどいかもしれませんが、冬の韓国はその分思い出にもなること間違いなし!笑
ぜひ今回ご紹介したことに注意しながら、冬の韓国旅行を思いっきり満喫してくださいね!

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

旅行カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す

TOP