2019年03月14日更新

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

韓国語を活かして仕事をしたい人や、留学後も韓国に滞在したい人へ。日本人が韓国で働きやすい職業をまとめました〜☆

ツイート

こんにちは〜!
最近韓国料理を作るのに夢中なkaulです。

韓国へ留学やワーホリで滞在する人が増え、
それにつれて韓国での就職を目指す人も年々増えています。

せっかく身につけた
韓国語や留学経験を活かして、
仕事ができたらいいですよね!

そこで今回は、
現在韓国で働いている日本人が、
どんな職業で何をしているのか?

メリットとデメリットもあわせて
徹底調査してみました〜!

日本語教師

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@ookaschool)

instagram

韓国で働く日本人の職業で多いのが、日本語教師。

ネイティブの語学講師として需要が高く、
特に問題がなければ
ビザも発行されやすい職業でもあります。

どこで働いているの?

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@leejipot)

instagram

日本語教師は、中学、高校、大学などの教育機関や、
民間の日本語学院で働いています。

教育機関の場合は
定期的に募集しているものではないので、
あまり採用の枠がありません。

民間の日本語学院などで経験を積みながら、
タイミングが合えば教育機関でも
非常勤講師として勤めることができます。

ただし通常、大学の日本語講師は
修士課程以上の学歴が求められます。

メリットとデメリット

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@fulfil_yestudy)

instagram

日本語教師のメリットは
ビザが発行されやすく、始めやすいということです。

一方で、最も多い民間の日本語学院の場合、
学生や社会人が通いやすい早朝と深夜に授業が開講されます。

そのため多くの場合、
朝は6〜10時、夜は17〜22時の時間帯に勤務します。

不規則な勤務時間は、デメリットと言えるでしょう。

一般企業(営業/事務)

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@viewtyful_korea)

instagram

一般企業で働いている日本人も多いです。

ただ、どの会社でも自由に就職できるのではなく、
「韓国人ではなく日本人を雇う必要がある職業」
に、ビザも発行されます。

どこで働いているの?

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@crefshop)

instagram

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@bananaboutique_seoul)

instagram

そこで多いのが、貿易関係や医療関係です。

主に日本へ商品を輸出入する商社や
貿易会社では、日本人が必要とされます。

近年、韓国政府は医療観光に力を入れているので、
特に美容関係の医療機関で、
通訳コーディネーターや
マーケティングスタッフとして日本人が働いています。

メリットとデメリット

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@p.geunho)

instagram

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@chihiro.a.xoxo)

instagram

メリットは、キャリアを積めること。

貿易にしても医療機関にしても、
そのキャリアは生涯活かすことができます。

例えば日本に帰国しても、
その経験は日本の会社でキャリアとして
認められやすい職業です。
さらに、通関士や貿易実務、
通訳案内などの資格まで取っておけば、
なおさら強みになります。

デメリットは、専門的な分野であること。

全く興味がない分野であれば、
長く勤めることが苦痛になってしまうかもしれません。

駐在員

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@taisei100613)

instagram

駐在員は、日本の企業から韓国へ派遣されて、
韓国支社や支店に出向します。

駐在員の場合は韓国で採用されるのではなく、
日本で就職活動をして日本で勤めることになります。

駐在員の滞在期間は、企業によって異なります。
短ければ半年〜1年、
長ければ数年にわたって韓国に滞在します。

どこで働いているの?

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@hs_merci)

instagram

日本のメーカーの専門開発職やシステムエンジニア、
広告代理店、生産管理などの職業が多いようです。

メリットとデメリット

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@eighthappyeight)

instagram

駐在員のメリットは、
給料や待遇、福利厚生など日本に準じるということです。

韓国に派遣されているとはいえ、
日本で勤めているのと同じ待遇を保証されるところが多いです。
また韓国への引っ越し費用や現地手当などを支給されることも。

一方で、就職した時点では
駐在員として韓国へ派遣されるという確証がないことや、
滞在期間が限られていることがデメリットといえます。

例えば、就職は日本の企業にしたいけど、
機会があれば韓国でも勤めてみたい!
という人にはおすすめです。

多方面で日本人が働いています!

韓国で就職したい人必見☆日本人はどんな職業で働いているの?実態を徹底調査!

@kotra_global)

instagram

いかがでしたか?
今回は、韓国で働く日本人に多い職業をご紹介しました!

この他にも、日本食レストランや居酒屋の経営、
芸能関係、企業研究員などとして働く日本人もいます。

どうしても就労できるビザには制限があるので、
何でも自分のやりたい仕事を
自由にできるわけではありませんが、
韓国で働くことを目指す方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね〜!

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

韓国語・留学カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す

TOP