こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

韓国に長期滞在するなら、どんな暮らしになるのか気になりますよね!特に日本の温暖な地方出身の方は、寒い寒い韓国での生活が心配になるかもしれません。そこで、韓国の家の特徴をご紹介したいと思います〜☆

ツイート

こんにちは〜!
最近韓国料理を作るのに夢中なkaulです。

留学やワーホリなどで韓国に長期滞在する方は、
寮やコシウォン、ワンルームなどで暮らすことが多いです。

でも韓国の家って、どんな家?

韓国旅行ではホテルやゲストハウスが多いですから、
長期の生活するとなると、どんな家か気になりますよね。

実際に、

洗濯物はどこで干すの?
ソウルの冬は氷点下まで下がる
って聞いたけど、家の中は大丈夫?
浴槽のある家は探すのが大変?

というような質問を
よく聞かれることがあります。

そこで今回は、日本と違う韓国の家の
造りから工夫までまとめてみました〜!

ベランダがない!?

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@marketb.kr)

instagram

最近建てられた
新しいマンションにはベランダがありますが、
寮やコシウォン、ワンルームなどには、
ほとんどベランダがありません。

そのため、洗濯物は室内干しが基本になります。
日本でも梅雨の時期には室内干しをするので、
あの独特な臭いや湿気は大丈夫?と心配になりますよね。

でも韓国は日本より湿気が少なく乾燥しがちです。
特に冬の室内は湿度が
わずか10%になることもあるので、むしろ室内干しが効果的!

濡れたものを干すことで、
部屋が適切な湿度に保たれます!
夏でも臭いや湿気はあまり気になりません。

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@karaage16)

instagram

天気のいい日は布団を外に干したいところですが、
残念ながら布団を干す場所もありません。

ベランダがないと物置としても使えないので、
少し不便かもしれませんね。

オンドル(床暖房)で極寒でもポカポカ

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@eagon_maru)

instagram

韓国の家は、よっぽど古い建物でない限り
ほとんどがオンドル(床暖房)です。

これは、寮やコシウォン、ワンルームも同様なのでご安心を!

寒い寒い韓国の冬でも、
部屋の中は半袖で過ごせるほど
暖かいのでとても快適です。

二重窓は効果的!

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@staydesign_99)

instagram

こちらもほとんどの家には二重窓があります。

そのため、寒さを防げるだけでなく、
結露でカビが生えるなんて心配もありません!

さらに防音の効果もあります。

トイレとシャワーは一緒

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@seojinn6)

instagram

基本的に韓国の家ではトイレとシャワーが一緒です。

ファミリータイプのマンションであれば
浴槽のある家もありますが、
寮やコシウォン、ワンルームでは、浴槽がありません。

毎日温かいお風呂に浸かって
疲れを癒す日本人にとっては、少し不便ですよね。

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@k_zezee)

instagram

そんな時はチムジルバンや
近所の銭湯に行きましょう!

チムジルバンはお風呂だけでなく、
朝までゆっくりできるので、週末などにはおすすめです。

チムジルバンの利用方法について詳しくはこちらの記事で♡

リビングが丸見え!?

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@todayhouse)

instagram

日本の家は、ドアや廊下などで
公私区分がはっきりとしています。

それに比べて韓国の家の造りには、
廊下があまりありません。
ドラマを見てもわかるように、
玄関を入るとすぐリビングがあり、
そこから各部屋につながるドアがあります。

寮やコシウォン、ワンルームでも玄関を開けると
すぐ部屋なので、急に友達が来たり、宅配が来たりすると、
部屋の中が丸見えになってしまうことも!

プライベートな空間が気になる人は、
頻繁に片付けをしたり、
目隠しカーテンをつけたりするといいでしょう。

角部屋は人気がない!?

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@cs_dnc

instagram

日本で部屋探しをするなら、
角部屋が人気がありますよね。
隣を気にしなくていいし、
窓を開けると換気ができるからです。

でも韓国では、角部屋はあまり人気がない!?

そうなんです。
角部屋は寒くて、
暖房費用が高くなるからです。

オンドルは通常、ガス代として毎月請求されます。

暖かくて便利なオンドルですが、
冬場はガス代が高くなりますので、
外出時はオンドルを切るなどして、調節しましょう。

水圧が低いって本当?

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@hongsi2815)

instagram

最近になって、地下鉄や飲食店のトイレも
トイレットペーパーを便器に流せるようになりましたが、
まだ下水事情が良くない場所もたくさんあります。

寮やコシウォン、ワンルームも
下見の時に水の流れを必ず確認しましょう!

水圧が弱いと、
トイレに行くたびに詰まってしまうことも…。

まだまだある韓国の家の魅力!

こんな工夫があるって知ってた?事前に分かると安心♡日本と違う韓国の家の特徴まとめ

@bojagi.flower)

instagram

いかがでしたか?

便利なものをあれば、
慣れるまで時間がかかるものもあります。

でもせっかくの韓国生活ですから、
そんな違いも楽しめるといいですね!

韓国には、韓屋(ハノク)と呼ばれる伝統的な家があります。
文化体験や旅行先でハノクに宿泊できるチャンスもありますので、
まだまだある韓国の家の魅力をぜひ探してみてくださいね〜!

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

韓国語・留学カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す