どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

ソウルや釜山だけじゃない!!今、韓国の地方都市に注目が集まっています。そんな留学先としての魅力や特徴をまとめてみました。

ツイート

こんにちは〜!
最近韓国料理を作るのに夢中なkaulです。

韓国留学を考えている方は、
韓国のどの都市に暮らしたいですか?

やっぱり首都ソウルや釜山が多いかもしれません。
でも!
韓国の地方都市にも、
まだまだ知られていないたくさんの魅力があります。

今回は、そんな各地域の
魅力や特徴を徹底分析したいと思います〜!

韓国の行政区域

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@ga0ga0ga0)

instagram

韓国には、日本の政令都市に相当する広域市と、
地方にあたる道(ド)があります。

ソウルは特別市、釜山(プサン)や
大邱(テグ)、仁川(インチョン)など、
日本人にもよく知られている都市は、広域市と呼ばれます。

今回は、地方にあたる
道(ド)ごとに見ていきたいと思います〜!

京畿道(キョンギド)

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@kim_glory)

instagram

京畿道は、ソウルを取り囲む近郊地域を指します。

ソウルの中心部まで、
おおよそ電車で1時間〜1時間半かかります。

日本の東京や大阪近郊のように、
京畿道からソウルへ通勤、通学する人も多いです。

気候は?

京畿道の気候は、ほぼソウルと同じです。

夏は最高気温が30度前後、
冬は−5度から−15度まで記録することもあります。
一部山間部では、ソウルより
気温が上がったり下がったりすることもあります。

京畿道の各都市は天気予報でも
表示されないことがあるので、
首都圏と位置づけられています。

物価は?

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@e_bee07)

instagram

衣料品や食材などの物価は、
ソウルよりやや安いと考えていいでしょう。
住宅の家賃もソウルより低いです。

そのため、移動時間がかかっても、
京畿道から通勤、通学する人が多いです。

こんな人におすすめ!

ソウルに暮らしたいけど、
あまりに人が多いのは嫌!

暮らすには大都市のソウルから
ちょっと離れた閑静な場所がいい!

というような方には、
京畿道が暮らしやすくておすすめです。

江原道(カンウォンド)

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@yongwns)

instagram

韓国の北東に位置する江原道。

冬季オリンピックが開催された
平昌(ピョンチャン)がある場所としても有名です。

気候は?

江原道は、韓国で最も自然が豊かな地域です。
高い山々がそびえ立ち、きれいな海が広がっています。

そのため、夏の暑さや冬の寒さが
とても厳しい場所でもあります。

夏の気温は30°前後まで上がります。

冬の平均最低気温は−5度ですが、
山間部は−20度まで下がる場所も。
冷たい風が強く吹くことも特徴です。

物価は?

平昌オリンピックの開催に合わせて
ソウルから直通のKTX(高速鉄道)が開通し、
韓国国内の観光客も増えたので、
以前よりは物価が上がりました。

また、スキー場やゴルフ場が点在しているので
レジャー目的の観光客も多く、
地方でありながら思ったより物価が安くありません。

こんな人におすすめ!

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@aerin_yenni)

instagram

江原道では、夏には海水浴、冬にはスキーが楽しめます。
自然が好きなアウトドア派にはぴったりな場所です。

また、他に比べて日本人があまりいない地域でもあるので、
韓国の地方生活にどっぷり浸かりたい人にはおすすめです。

忠清道(チュンチョンド)

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@seongyu.coe)

instagram

忠清道は、韓国のちょうど中央に位置します。
比較的のんびりとした地域性が特徴です。

気候は?

夏の最高気温は30度前後、
冬の最低気温は−7度前後です。

物価は?

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@lee82jeju)

instagram

農家が多いので、
安くて新鮮な野菜や果物が手に入ります。

特に、ニンニクや唐辛子などの
野菜の栽培が盛んです。
また、果物ではリンゴやブドウが有名です。

都市圏に比べて物価は安いです。

こんな人におすすめ!

大都市の人混みは苦手だけど大自然も苦手。
のんびりゆったりと韓国生活を楽しみたい!

という方には、忠清道がおすすめです。

全羅道(チョルラド)

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@the_mumum_jeonju)

instagram

韓国の南西に位置する全羅道。

食べ物がおいしくて有名なので、
韓国の各地域から観光に訪れる人が多い地域です。

ソウルに続くKTX(高速鉄道)が通っています。

気候は?

韓国の南部に位置しているため温暖な気候です。

夏の最高気温は30度前後、
冬の最低気温は−3度前後で、
比較的過ごしやすい地域です。

物価は?

全州(チョンジュ)や
光州(クァンジュ)は人口が多いですが、
都市圏に比べれば物価は低い方です
(一部観光客が多い地域は除きます)。

こんな人におすすめ!

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@kkokkoahn

instagram

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@hhyunjjin2)

instagram

韓国の伝統料理に興味のある方や、
交通が便利な地方都市に暮らしたい方にはおすすめです。

慶尚道(キョンサンド)

どこに留学する?気候、物価、タイプ別に見る地域の魅力と特徴を徹底分析‼︎

@_h__4.14)

instagram

韓国の南東に位置する慶尚道。

日本から最も近いので、
日本人が多く住んでいる地域でもあります。

方言が強いことでも有名です。

気候は?

一部山間部や盆地を除けば
比較的過ごしやすい気候です。

夏の最高気温は30度前後まで上がります。
冬の最高気温は10度前後で、
マイナスになることはあまりありません。

物価は?

釜山や大邱、蔚山(ウルサン) などの
広域市では人口が多いので、
物価は安い方ではありません。

その他の地域では、都市圏より安いです。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

韓国語・留学カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す